医療法人由和会 楢原医院 さいたま市,浦和区,浦和駅 内科・小児科・循環器科・糖尿病科

当院について

院長挨拶

当院の紹介

ドクター紹介

院長:芦矢 由美子

 

東京医科大学卒
内科一般、小児科一般

患者様に優しく、正確な医療を心がけています。

 

副院長:芦矢 浩章

 

東京医科大学卒
内科認定医、循環器専門医

心臓外来を開いています。

-担当診療時間-
木曜:16時~18時
金曜:8時30分~11時

 

4月から 神子 一成

はじめまして、月曜/金曜/土曜に診療を担当します神子一成です。

私は新潟大学 医学部を卒業後、川口市にある埼玉県済生会川口総合病院で初期研修に取り組みました。
その後、横浜市立大学 内分泌・糖尿病内科に入局、関連病院勤務を経て、大学院を修了したのち埼玉メディカルセンターに勤務しておりましたが、2018年4月より母と共に当院で診療にあたらせていただくことになりました。

専門は糖尿病や脂質異常症、高血圧症を始めとする生活習慣病です。生活習慣病は日々の生活の中できちんと向き合わなければならない病気でありながら、症状がでにくいため治療のモチベーションが保ちにくく、治療を中断してしまられる方もおられます。

しかしながら、しっかりと病状を管理しないと狭心症や脳梗塞など重篤な症状を引き起こす可能性が高くなってしまいます。
食事療法や運動療法が治療の基本になりますが、いざ継続するとなるとなかなかむずかしいことでもあります。

医療従事者の一員として、患者さん本人が病気に対して関心を持ち、治療と向き合っていけるように適切な情報提供を行いながらその手助けができれば良いなと考えております。
昨今の医療技術の向上に伴い科学的根拠に基づいた治療(EBM:Evidence based medicine)が問われる中、その情報を正しく生かしながら、患者さん一人ひとりの症状に応じた治療を提案していきたいと思っています。
一例として、治療薬の中には、食直前の内服薬や各食後に3回飲まなくてはいけない内服薬もあり、中には10種類以上の内服薬を飲まなくてはいけない患者さんもいらっしゃいます。
現在は高血圧や脂質異常症、2型糖尿病の治療薬は配合剤と言われる2種類以上のお薬が入っているお薬も開発されております。
そのような薬も活用しつつ、患者さんの負担を軽減させ継続し易い工夫も取り込みながら個々人にあった治療を提供していきたいと考えております。
また、当院は祖父の代から内科、小児科として診療にあたってまいりました。私自身も総合内科専門医の資格取得を始め、プライマリーケア連合学会にも参加し、専門に限らず研鑽を重ねております。
これからも地域の皆様の健康と安心につながるよう、たゆまぬ努力を続けてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

新潟大学卒

埼玉県済生会川口総合病院で初期研修を修了

横浜市立大学 内分泌糖尿病内科に入局、関連病院で勤務

横浜市立大学大学院を修了し

埼玉メディカルセンター内科にて勤務のち

現在に至る

日本内科学会総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医
日本抗加齢医学会専門医


-担当診療時間-
第二・第四土曜日:8時30分~13時

※4月6日以降
月曜日:8時30分~13時・16時~18時
金曜日:8時30分~13時・16時~18時
土曜日:8時30分~13時

 

診療方針

楢原医院では患者様に優しく、正確な診療を心がけております。
また、地域のホームドクターとしてお役に立てるよう努力してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。



更新日:2018-07-05